郡上八幡国際友好協会・GIFA HOME国際理解事業国際交流事業国際貢献事業
郡上八幡国際友好協会 ☆ GIFA
GujoHachiman International Friendship Association.
郡上八幡国際友好協会(GIFA)は、「国際理解事業」「国際交流事業」「国際貢献事業」等の活動をしています。
HOMEGIFAについてGIFAの歩み活動の記録・アルバム資料編(アーカイブ)募集についてリンク
国際交流の輪を広げよう 郡上八幡国際友好協会 GIFAの事業
HOME
GIFA 事業の3本柱
国際理解事業
多文化理解と共生
国際交流事業
留学生や政府招へい事業受入
国際貢献事業
世界と地域への貢献

Information
郡上踊り・白鳥踊り日程表
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ


郡上八幡国際友好協会・GIFA 新規会員募集中!


最近の活動報告
3月15日 観光講習会「やさしい、おもてなしの英会話」に協力しました。
郡上八幡観光協会主催の「やさしい、おもてなしの英会話」講習会が郡上八幡旧庁舎記念館の2階で開催されました。この講習会は、郡上八幡観光協会からの依頼を受け友好協会が協力したものです。
友好協会では数年前から観光に係る業者の方を対象にした講座の企画をしていましたが実現に至っていませんでした。まさに渡りに船です。今後の郡上市の発展にとってインバウンド(外国人訪日観光)への取り組みが重要になっています。友好協会にとってもインバウンドへの取り組みの第一歩だと考えています。今後も力を入れて取り組んでいきます。

3月12日 岐阜県日本語ボランティアセミナーに参加しました。
地域日本語教育全体会議「岐阜県日本語ボランティアセミナー」が岐阜市ふれあい福寿会館にて開催されました。主催者は公益財団法人岐阜県国際交流センターです。
文化庁文化部国語課日本語教育専門職の増田麻美子氏から「『生活者としての外国人』に対する日本語教育について」の講義があり、その後意見交換となりました。参加者のほとんどが県内の各地域で日本語教室のボランティア講師、コーディネーターとして現場にいる方です。それぞれの教室での課題や悩み、方向性などについてざっくばらんに語り合うことができとても参考になりました。
また日本語教室を推進する意義や国と地方自治体の役割分担、多様な学習目的やニーズへの対応などについて整理、確認をすることができました。新年度の郡上市での日本語教室の運営や多文化共生の活動の中に生かしていきたいと考えています。

3月6日 世界の料理を楽しむ会 ベトナム料理教室を開催しました。
食文化を通した異文化理解と国際交流をモットーとした、楽しく・おいしい人気の企画です。
今回も広報に掲載されましたが、広報の配布と同時に申し込みが入り始め、あっという間に定員になってしまいました。せっかく申し込みのご連絡を頂戴したにもかかわわらず、参加できなかった方には申し訳ありませんでした。
さてベトナム料理は2回目でしたが、前回とは料理も違い日本でも人気のフォーを中心にした献立でした。また「世界の料理」はできるだけ郡上で生活している外国出身者に講師をお願いするようにしています。今回は私たちの日本語教室に通い、熱心に日本語を学んでくれたベトナム人のグエンさん達にお願いしました。グエンさんたちは、研修生・技能実習生として八幡の企業で働いている方です。これまでに無かったケースでしたので、就労先の企業の社長さんにもお会いし料理教室の講師として参加することを快諾していただきました。
日本の食材でできる献立を検討した結果、フォーのほかソップティガ、ネン、タイ ラオ コウを作っていただくことにしました。しかし魚を発酵させて作る調味料ニョクマム(魚醤)だけは郡上での調達が困難でした。調理は鶏ガラ一羽分をまるまる鍋で煮込む本格的なものであり、どのテーブルも美味しく出来上がったようです。
皆さんがテーブル毎に協力して作った料理を美味しくいただいた後、後片付けを済ませティータイムになりました。その時間はホワイトボードをスクリーンにしてベトナムの基礎知識や日本との関係、ベトナムの世界遺産や文化について理解を深めました。このプレゼンの場には、東アジア青少年大交流計画に参加し、当時は高校生の一員として郡上にホームステイした経験を持つリンちゃんが留学先の関西から駆けつけて手伝ってくれました。
世界の料理を楽しむ会には、小さなお子さん連れのお母さんやお父さんの参加も多かったのですが、友好協会では今回もキッズプログラムを用意し対応させていただきました。

2月17日 岐阜大学グローカル推進本部の留学生センターイベントに参加しました。
岐阜大学グローカル推進本部(GHOGL)と留学生センター(ISC)が合同開催したフォーラム「地域と岐大留学生」に参加しました(共催:岐阜大学地域協学センター)。
郡上八幡国際友好協会は、会長鷲見幸彦がゲストスピーカーとして登壇しプレゼンテーションを行いました。他には高山市のNPO法人まちづくりスポット代表理事の竹内ゆみ子さんや、留学生たちがそれぞれ興味深い発表を行いました。
岐阜大学では、独立行政法人になって以降ますます「日本のローカルな国立大学」ではなく世界の中での「ポジション」を意識し積極的な国際化戦力を推し進めていらっしゃいます。優秀な人材を世界からいかに確保するかは、岐阜大学のみならず日本にとっても大切なことです。
郡上プログラム(ホームステイ)を通して留学生達に日本の自然景観や文化、そこに暮らす人々の魅力が多少なりとも理解されお互いの絆を深めることなれば、有難いことだと考えています。また、多文化共生の活動もそうですが、一方的な関係では無く、多文化理解と多様性を認めることから「ダイバーシティ」や「イノベーション」といったキーワードにも繋がっていきます。郡上で生活する外国籍市民や留学生達が地域の活性化にその力を発揮することを願っています。

11月29日 「災害時外国人支援ボランティア研修」に参加しました。
岐阜県国際交流センター主催の「災害時外国人支援ボランティア研修」が開催されました。
郡上市からは郡上八幡国際友好協会2名、白鳥町国際交流協会1名、郡上市職員3名が会場の岐阜経済大学に赴き研修に参加しました。
講師は、新潟中越沖地震や東日本大震災の現場を経験してきたNPO多文化共生マネージャー全国協議会の高木氏と高橋氏です。
研修は午前10時から午後4時半まであり、約1時間の講義の後に「災害多言語支援センター」を開設しました。災害発生時に必要な作業を、与えられた環境や条件の中で次々に処理していく実践的な訓練でした。
後半には、キャンパス内に仮設された外国人被災者の待つ避難所を3~4名の班で巡回して、被災者の把握と情報提供、ヒアリング等を行いました。その後に支援センターに戻って避難所で作ってきた巡回レポートを発表し、全体でその評価をする形式でした。
(そのために地域に住む外国出身者や留学生が、多数参加協力してくれました。)
時間に追われましたが、座学だけではわからないことや気付かないことにもスポットを当て、災害時の現場の混乱や緊張感を想定することができた良い講習でした。
さて昼食は「非常食体験」と聞いていたのでアルファ米と缶詰か?などと勝手な想像をしていたのですが、ブラジルとフィリピンの参加者が作ってくれたフェジョアーダ(黒豆の煮込)と鶏肉のアボドでした。分かりやすく表現するとブラジル風ぜんざいとフィリピン風鶏ちゃんです。とても美味しい非常食?でした。

11月22日 岐阜大学の日研生を招き交流しました。
今回の日研生9名は、インドネシア、韓国、オーストラリア、スウェーデン、タイ、中国、ニュージーランド、ベトナムからの留学生です。いずれも母国の大学で日本語を学び、日本政府の国費留学生として選抜・招聘された好青年です。岐大には9月から在籍し日本文化と日本語を学んでいます。
日常会話には不自由しないレベルですので、彼らが話すときの共通言語は日本語になります。市内の中学校に出向いてもらい交流授業をお願いしていた時期もあります。今回は来日間もないこともあり秋の郡上八幡を堪能してもらいました。
お城に登る途中、岸劔神社では結婚式が執り行われており、新郎新婦を囲んで写真に納まることもできました。またスクリーン印刷の体験では各自が選んだ柄と色で手ぬぐいをプリントし、その仕上がりに大いに喜んでいました。


11月 広報紙「ふれんどしっぷ Vol.38」発刊しました。
こちらをクリックすると記事が読めます。

10月20日〜11月17日 日本語教室を開催しました。
日本語教室も6年目になりました。
今回は参加者も少なかった半面、新たなボランティアの参加もありました。
国籍やレベルの違いもあるためマンツーマンが基本ですが、生徒一人に講師が複数付いたこともありました。
もっと多くの方に参加していただきたいのですが仕事と日程の調整が難しいようです。
今回も研修生の方の参加がありましたが、日本語検定の取得をサポートしていく必要性や、いくつかの検討すべき課題もあると感じています。

10月29日 アフリカ各国から来日した若手地方行政官グループを受入れました。
この研修は、我が国が開発途上国を対象に実施する技術協力の一環として、JICA(独立行政法人国際協力機構)がこれからの国づくりを担う青年層を対象に、専門分野の課題解決への取り組みに資する知識、意識を向上させることを目的に実施しているものです。
チャド、コートジボワール、コモロ、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、サントメ・プリンシペ、ジブチ、セネガル、ブルンジ、モーリタニア、赤道ギニア、マリ、ハイチから21名が10月19日から2週間強に亘ってGWY(岐阜県世界青年友の会)のコーディネートした研修プログラムを受けました。今回の参加者は全て地方行政官(地方公務員)のため、GIFAでは講義を郡上市に依頼しました。郡上市商工観光部商工課長の講座「産業活性化における行政の取組み」では、質疑が延々1時間以上にわたって行われるという熱心さに驚きました。
21世紀に最も人口が増加し中間層も増え、経済発展するとされる地域がアフリカです。かつては遠い国でしたが、今後その発展と共に日本との関係も深まってゆくと思われます。郡上市においてもALT(英語指導助手)7人中3人がアフリカ出身者という現実があるのです。


9月6日 知多市国際交流協会との交流会を行いました。
知多市側は45人が来訪、内半数がブラジル、フィリピン、ブラジル、ペルー、中園、韓国及び北朝鮮等にルーツを持つ皆様でした。民族文化(踊り)の紹介などもあり、とても国際色豊かで華やかな交流になりました。
知多市は人口約8万6干人、その内外国人は1千6百人ほどで会の事業は、喫茶で交流、Xマスパーティ一、年3回の世界の料理、日本文化体験パスツア一、名大、星城大など大学を交えた交流などを行っているとお話しされ、他に日本語の会、力タール友好交流会などの組織も別に活動しているとの紹介がありました。
G I F Aからの事業の紹介の後、郡上踊りとペルーのダンスを互いに教え合いながら参加者全員で踊り、一時間余りの時間の割に中身のある交流になりました。いつもながら、郡上踊りを、誇りを持って紹介できることに感謝です。


7月10日〜13日 岐阜大学サマースクール郡上プログラム
夏の恒例事業となっている岐阜大学サマースクールの郡上プログラム、本年で20周年を迎えました。
支えて下さった多くの皆様にあらためて感謝申し上げます。
郡上市と文化講座講師の皆様、友好協会の法人会員、個人会員の皆様、そして留学生たちに素晴らしいホームステイを体験させていただいた市民の皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
当初に郡上を訪れた留学生達は今や40才台になっています。
私たちも、日本語と日本文化を学ぶスウェーデンや韓国からの学生を受け入れ、日本文化講習を行い、日本と郡上の魅力を発信続けたことに誇りと喜びを感じています。
岐阜大学留学生センターの皆様と手を取り合って、更に長く良いプログラムを提供できるよう、努力し精進する所存です。

10日 茶道講座(なごみ会様)、八幡小学校での交流、郡上踊り講習(川崎・春駒・やっちく:八幡おはやしクラブ様)、市内散策(希望者:手ぬぐい作り体験)、歓迎交流会(日吉神楽様、八幡おはやしクラブ様)、終了後ホストファミリー宅へ
11日 書道講座(松浦氏)、剣道講座(郡上高校剣道部様)、昼食後ホストファミリーお迎え
12日 終日ホストファミリーと
13日 評価会、終了後お別れ

7月23日 香港城市大学生達が郡上市で日本文化体験をしました。
日本語研修及び日本文化体験を目的に7月4日から大垣市に滞在している14名の学生達が郡上市を訪れました。一行は、この事業を企画した岐阜県世界青年友の会(GWY)と共にバスを降り、国指定有形文化財の庄村家に向かい、浴衣に着替えた後、茶の湯の講習を受けました。
その後、旧庁舎2階での郡上踊り講習、タカラギャラリーでの手ぬぐい作り体験、市内散策を行い、日本文化と夏の郡上八幡を堪能して帰路につきました。



イベント・事業のご案内
2015年度のイベント・事業は、全てつつがなく無事に終了いたしました。 ご協力いただきました多くの皆様の賜物と、感謝申し上げます。
2016年度の活動計画につきましては、確定次第、順次ご案内させていただきますので、倍旧のご支援を賜ります様、宜しくお願いいたします。



GIFAとは?
GIFA(GujoHachiman International Friendship Association)は、郡上八幡国際友好協会の略称です。 少し読みにくいのですがギファと呼んでください。
1989年設立以来、「多文化共生で地域づくり」をモットーとして、「国際理解事業」「国際交流事業」「国際貢献事業」等の活動を中心に、海外留学生のホームスティの受入れや市内で暮らす外国出身者を対象とした多文化共生の活動を続けております。
当協会と「岐阜県世界青年友の会」との繋がりに加え、「岐阜大学」との関係もより深くなってきています。
私たちは、これらの絆を今後の活動にもっと活かそうと考えています。
皆様のご意見と、ご参加・ご協力を待っています。 もっと楽しく、意欲的に!!   詳しくは、コチラ >>



▲PAGE TOP


HOMEGIFAについてGIFAの歩み国際理解事業国際交流事業国際貢献事業プライバシーポリシーお問い合わせ


〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地 郡上市役所 市長公室秘書広報課内
TEL 0575-67-1831 FAX 0575-67-1711
Copyright (C) 2001-2014 郡上八幡国際友好協会(GIFA) All Rights Reserved.